kukuli

秩父銘仙 マフラー・ストール ハタオト/新啓織物(埼玉県秩父市)
月の満ちかけ、を経糸と緯糸で繊細に表現した絹織物です。

kukuli

写真:新啓織物(埼玉県秩父市)

銘仙(着物)は、「絣(かすり)」の手法を用いた平織りの絹織物です。
機械織機で織られた鮮やかな銘仙は、女性のおしゃれな普段着として大流行しました。
仮織、染色、仮織した緯糸を取り除きながら製織する「解し織」は、その工程の多さから、主な産地と言われていた、足利、桐生、伊勢崎、秩父、八王子、いずれの場所でも見られなくなりました。
製造工程が分業化が進む繊維産業で、整形、仮織、染色、本製織、整理加工まで、銘仙に必要な全工程を一か所で行う貴重なメーカーが「新啓織物(埼玉県秩父市)」です。
オンラインショップ
kukuli で秩父銘仙ストールをご購入いただいたお客様へ、ハタオト/新啓織物 WEB写真集をプレゼントしております。
※サンプルはこちら





kukuli

手拭 梨園染/戸田屋商店(東京日本橋)
手拭(てぬぐい)は江戸時代に木綿の着物を作る際に出た端切れから生まれたと言われています。
kukuliでは、主に、明治時代に考案された「注染」と呼ばれる、裏も表も染め上げる染色方法の手拭のみを扱っています。
オンラインショップでは200点以上の商品からお選びいただけます。



kukuli

ミコノス ユース(愛媛県今治市)
エーゲ海に浮かぶ“白い宝石”とよばれるミコノス島のイメージを刺繍とレースで表現しています。
タオルの糸で作られた繊細なレースはタオルと同様の吸水機能が備わっています。
オンラインショップ




kukuli

一点手染め和紙のマフラー・ストール わしん伝/ハルテック(福井県坂井市)
和紙から作った糸とキュプラを組み合わせて作った編み生地を福井に残る手染め技術で仕上げてた、
さらっとした爽やかなマフラー・ストールです。
オンラインショップ



kukuli

刺子織りバック sashicco/タネイ(愛知県豊川市)
平織りに同色あるいは色の違う経糸または緯糸を浮かせて刺し子のような文様を表した綿の織物が刺し子織と言われています。
江戸時代、丈夫な三河木綿を使った刺子織りは、火消しの装束で使用されていました。
今日では、剣道、柔道、合気道の道衣として使われています。
軽さ、耐久性、綿ならではの心地よい肌触り、それに武道着と同様のがっちりした縫製が魅力のバックです。
オンラインショップ





Pagetop