お知らせ  /  新商品  /  神楽坂  /  織物  /  繊維  /  ストール  /  タオル  /  手ぬぐい  /  バック  /  プレス

絹十綿 2017SSモールボーダーストール

2017/05/08

栃木県足利市と桐生市、両毛産地は古くからの織物の街です。
主に絹織物を得意とする同産地は、明治から昭和初期に一般女性の間で流行した銘仙その生産量で日本一になりました。
今は洋装が主流になり、工場の数はほんのわずかになってしまいましたが、昔とかわらぬ技法で今も銘仙織物を織り続けています。
本来、銘仙、絣、紬など、着物のための織機を使い、ストール、マフラー用に新たに織り上げたのが当店オリジナルのストールです。
足利市・桐生市(両毛絹織物)

神楽坂の街は、春が過ぎ紫外線の季節を迎えています。
kukuliでは、夏にかけて人気のある「柞蚕(タッサー)シルク」が入荷しております。
タッサーシルクは汗のべたつきなどの不快感を軽減する夏用繊維です。また、近年その栽培農家が減っているため価値のある素材と言われています。
シルクは紫外線や乾燥から蛹(さなぎ)を守るための防護服、繭からつくられています。
その繭は、人肌と同じアミノ酸で校正される私たちにとって安心で優しい繊維です。
そのためシルクは、私たちの皮膚にできるシミやくすみの防止、肌の保湿に最適だと言われています。

050801.jpg050802.jpg
絹十綿 2017SSモールボーダーストール
サイズ:H1720×W500(フリンジ20mm)
素材:シルク100%(柞蚕) 価格:5,500円(税)
色:オフ白、ピーチ、グリーン、ミスト、ラベンダー


050803.jpgGWも終わり、今週末は「母の日」。
ぜひシルク素材のストールを贈り物に選んでみて下さい。

kukuliスタッフ

保存

保存

保存

Pagetop