くくり神楽坂 新しさと江戸風情が残る神楽坂で日本らしいふだん使いの織物を紹介しています。

くくり神楽坂 新しさと江戸風情が残る神楽坂で日本らしいふだん使いの織物を紹介しています。

銘仙きもの産地でつくられたシルクのストール。
火消し装束、剣道着や柔道着で馴染み深い強度が特徴の綿織物、刺し子織バック。
歌舞伎、文楽、実際の衣装のために織られた素材でつくったバック。
懐かしい独特の彩が特徴の注染てぬぐい。
綿そのものの風合いを活かした先染めのタオル。

テキスタイルが好き

くくり ノオリモノ

当店のストールは左右のどちらにもセルビッチ(The Selvedge = 生地の耳)が残っています。
それは、断裁や縫製をしていない、織り上げた生地そのままだからです。
こういった細い反物を織れる機械は、和服の減少や非効率を理由に近年ほとんど見られなくなりました。
セルビッチとは、昔のシャトル(Shuttle = 杼)細巾織機で織った証拠です。
その、昔の織機で織られた生地と現代の効率的な高速織機の生地とをくらべると、明らかに風合いが異なります。
たとえば、セルビッチデニム、それを熱望するデニムファンが世界中にいるほどです。
店頭ではこの他にも繊維や織物にまつわるお話を随時紹介しております。取り扱いがむずかしいと思われがちな
シルク(絹)ストール、その上手な洗濯方法なども解説しています。